このページの本文へ移動

内容詳細

新型コロナウイルス感染症の流行下における育児等支援サービス費用助成申請

概要

 令和2年4月1日から令和5年2月28日までの期間に、新型コロナウイルス感染症の流行のために里帰りができなくなるなどの理由により、親族等からの育児・家事援助等が受けられなかったために、育児等支援サービス(産後母子ケア事業(ショートステイ・デイケア・訪問型)、産前産後ヘルパー事業)を利用された方に対し、利用に際し自己負担した費用を助成します。

手続内容

次の入力フォームから、サービスを利用された方の氏名、生年月日、現住所、利用したサービス等を入力してください。 申請内容の確認・審査の後、入力された住所宛てに、通知にてご連絡します。 利用内容の審査を行うため、申請から通知書の送付までに3~4か月程度のお時間をいただいています。 なお、1月~5月頃までは申請が混みあう時期となります。上記の期間に加えて1~2か月程度かかる場合があります。 ※申請・審査手続きの流れについては、ホームページでご確認ください。

受付期間

※育児等支援サービスの利用最終月の翌月10日までに申請をしてください。(複数のサービスを利用している場合、利用終了日の後の日付にあわせてください。) ※最終申請期限は、令和5年3月10日です。  令和5年3月10日を過ぎて申請することはできません。ご注意ください。

申請時に必要な書類

根拠となる法令又は条例等の名称と条項

横浜市育児等支援サービス費用助成要綱

受付開始日
2022年3月14日 0時00分
受付終了日
2023年3月11日 0時00分
お問い合わせ先
こども青少年局こども福祉保健部こども家庭課
メールによるお問い合わせ:メールを作成
電話番号:0456712455