このページの本文へ移動

内容詳細

こども自然公園パークマネジメントプランの策定に向けた「現状と課題」について

概要

 こども自然公園は、横浜の公園の中でも大きな面積を有し、大池を中心にした丘陵地にゆったりとした良好な自然が残され、四季折々の景観を楽しめ、とりでの森(大型遊具)、バーベキュー場、自然体験施設、ちびっこ動物園、野球場、青少年野外活動センターなど、数多くの施設が整備され、地域の方々をはじめ、近隣の他都市からも利用が多い公園です。また、「本宿の大池」として親しまれていたことから、現在でも別名「大池公園」と呼ばれています。  近年では、民間事業者と連携したイベントが実施されるなど新たな利用が進む一方で、多様な施設やイベント等を効果的に活用すること等や、相鉄線とJRや東急線の相互運転による周辺地域の変化に呼応することで更に魅力的な空間となること等が期待されています。  また、横浜市中期計画2022~2025では、「子育てしたいまち 次世代を共に育むまち ヨコハマ」を掲げ、横浜に関わる様々な人・団体の皆様と共に、横浜の受け継ぐ多様な魅力を更に高め、「住みたい都市」「住み続けたい都市」「選ばれる都市」を目指し、市民生活の質と都市の活力の向上の好循環へつなげていくこととしています。  このような状況の中、横浜市では横浜市中期計画2022~2025、横浜市水と緑の基本計画等を踏まえ、公園の抱える課題の解決を含めた魅力アップを目指し、こども自然公園の将来像を示したパークマネジメントプランの策定を進めます。  策定にあたり、こども自然公園の現状と課題の考え方を整理しましたので、皆様のご意見を募集します。  ご協力くださいますようどうぞよろしくお願い申し上げます。

募集期間

令和5年5月17日~令和5年6月19日

注意事項

・ご意見への個別の回答は行いません。また、ご意見を正確に把握する必要があるため、電話でのご意見の受付はいたしません。 ・ご意見の提出に伴い取得した個人情報は「横浜市個人情報の保護に関する条例」に従い適正に管理し、ご意見の内容に不明な点があった場合等の連絡・確認の目的に限って利用します。

根拠となる法令又は条例等の名称と条項

受付開始日
2023年5月17日 10時00分
受付終了日
2023年6月20日 0時00分
お問い合わせ先
環境創造局公園緑地部北部公園緑地事務所
メールによるお問い合わせ:メールを作成
電話番号:0453531166